看板・デザイン会社 東京都足立区ぷりんたくん.net

ブログ
−クレずきんちゃんー クレクレちゃんストーリー(最終回)
みなさんこんばんわ嬉しい

とうとうクレずきんちゃんも
最終回をむかえます。

さぁ、クレずきんちゃんの
結末をのぞきにいきましょう。



夢からさめたクレずきんちゃん…



クレずきんちゃん:「はっ!!。」



クレずきんちゃんはあわてて目が覚め、あたりを見渡しました。

お母さん:「クレずきん。どうしたの?とてもうなされていたわよ。」
クレずきんちゃん:「う、うん…。」

どうやら夢を見ていたようです。

お母さん:「それならよかった。
     そうだ、おばあちゃんのお見舞いに今日いってくれないかしら?」

クレずきんちゃんは夢の中で起きた悪夢を思いかえしました。

クレずきんちゃん:「お母さん!今までごめんなさい!!もっと人のことを考えるから!」



クレずきんちゃんはそう言って急に泣き出してしまいました。

お母さん:「あらあら…どうしたの?こわい夢をみたのね。
     でも、人の事を考えるのとてもはいいことね。みんなが一番幸せになれる方法だもの。」

お母さんは、そう優しく言いました。

クレずきんちゃんはやっと本当の幸せを、理解しようとする心が芽生えました


こそれから、クレずきんちゃんはクレクレちゃんを卒業することができたのです。
よっぽど、オオカミに食べられたのが恐かったのでしょう。


あなたのまわりにもクレクレちゃんは居ますか?

もしも、自分自身がクレクレちゃんだと気づいた方は
これを機会に、変わるチャンスがきたと思ってくださいね。

クレクレちゃんを手放すと幸運の女神がやってくるのです




おしまい
| printakun | クレずきんちゃん | 18:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
−クレずきんちゃんー クレクレちゃんストーリー(2話) 
おはようございます。

今日先日に続く、大反響のクレずきんちゃんの
後半のお話です。

さぁ!どうぞお楽しみ下さい。楽しい




オオカミとクレずきんちゃんはおばあちゃんに家に着きました。

クレずきん:「わかったよ。お母さん。おばあちゃんのことが心配だもんね!」
おばあちゃん:「おや、クレずきん。いらっしゃい。」
クレずきん:「おばあちゃん、大丈夫?心配してオオカミさんも来てくれたの?。」



オオカミ:「こんにちは。おばあちゃん、体の具合はいかがですか?」
おばあちゃん:「おやおや、心配かけてたね。大丈夫だよ。」

おばあちゃんは本当はオオカミが恐ろしくてたまりませんでしたが、笑顔でふたりにこたえました。

クレずきんちゃんは達は人の都合なんておかまいなし



クレずきん:「おばあちゃん、これお見舞い。パンとワインとお花。お花はわたしが摘んだのよ。」



おばあちゃん:「まぁ〜☆ありがとうね。こんなに大変だったねぇ〜」
クレずきん:「全然へ平気よ!おばあちゃんの為だもの!」

クレずきんちゃんは人に手伝ってもらったのに、自分の手柄にしてしまいます



おばあちゃん:「本当にお前はいい子だねぇ〜。おだちんだよ。」
クレずきん:「おばあちゃん、悪いわ!大事なお金でしょ?。」
おばあちゃん:「気にしなくていんだよ。もっていきな。」
クレずきん:「ありがとう。大事に使うね。」
(心の声:やった〜☆来た意味あったわ♪)



クレずきんちゃんは遠慮する素振りだけを見せて、人からもらうのが得意です

クレずきんちゃんはおこずかいを受け取ると、もと来た道を歩いて家に帰ることにしました。
今日一番の笑顔でクレずきんちゃんの顔があふれていました。

クレずきん:「オオカミさん、今日はありがとう。またね!」

クレずきんちゃんは自分の目的にしか興味がありません



オオカミ:「いやいや。ちょっとまっておくれよ!クレずきんちゃん。」
クレずきん:「何かしら?オオカミさん私、早く帰らないとお母さんにおこられちゃの!」
オオカミ:「お礼も何もないのかい?あんまりじゃないか!!」
クレずきん:「キャ−ッ!!」



オオカミはクレずきんちゃんを食べようと、襲いかかりました。

クレずきん:「助けて〜!!!」



そこにタイミングよく、知人の猟師が通りかかりました。

猟師がクレずきんちゃんにこう、言いました。



猟師:「僕は助けないよ。そこで見ていたけど、当然の報いだよ。」

猟師はこれまでのクレずきんちゃんの行動を見てきました。
人に与えてもらう事と自分の得しか考えていない、そんなクレずきんちゃんを
助けようとは思いません。

クレずきん:「ひどい!私は何も悪くはないわ!!早く助けてよ!」
猟師:「ひどい?それは自分に言う言葉だな、よく考えてごらんよ。」




パク!!☆

猟師がそう言った瞬間、クレずきんちゃんはオオカミの大きな口に
飲み込まれてしまいました。

クレずきんちゃんは他人を恨み、自分の非に全く気がつがず、生涯を閉じました

  


つづきは明日〜びっくり
クレずきんちゃんの行方は?



| printakun | クレずきんちゃん | 17:34 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
−クレずきんちゃんー クレクレちゃんストーリー(1話) 
みなさんこんばんわ。

今日は、プリンタクンのお客様に大好評のお話を皆様にも
お届けしようと思います。びっくり

笑い満載!見所満載!為にもなっちゃう!
じっくり味わってください。見る


クレクレちゃんストーリー(1話)

物語は、フィクションをもとに完成しました。楽しんでご覧下さい。

クレクレちゃんの世界へようこそ。





ところで、みなさんはクレクレちゃんをご存じですか?

知らないですって?!

それは大変ですよ!


では、わたくしが説明いたしましょう!




クレクレちゃんは自分と向き合っていない人間です。
おまけに、ちょー自分勝手で自分の目的しか興味がありません。
理想ばっかりで行動がない。毎年、毎回会うたびに
同じことを言っている。そんなクレクレちゃんは
かわいいふりをして、あなたのすぐ近くに現れます。
今一度、まわりを見渡してください。ほらそこに…
さぁ、ご一緒にクレクレちゃんに会いにいきましょう。



クレずきんお母さん:「クレずきんちゃん、おばあちゃんにお見舞いを届けてくれるかしら?」

クレずきん:「わかったよ。お母さん。おばあちゃんのことが心配だもんね!」

(心の声:ヤッター☆!おばあちゃんの所にいけば、またお小遣いもらえるじゃん!)

クレずきんちゃんは口で言っている事と、思っている事が全然違います




クレずきん:「いってきま〜す!」

元気よくクレずきんちゃんは家を出て、おばちゃんの家に向かいました。
クレずきんちゃんはお花屋さんを見つけました。
お母さんから、『お花を買っていってあげてね。』とお花を買うお金をもらっています。



(心の声:お花をわざわざ買うなんてもったいない!途中に生えてるお花で十分よ!
 おばあちゃんはど〜せどんなお花だって喜ぶんだから〜。
 お金は私がもらっちゃお〜☆)


クレずきんちゃんは人に与えるのが大嫌い。自分の得ばかりなることを考えています



クレずきんちゃんは途中お花畑を見つけました。

(心の声:めんどくさいなー。でもお小遣いをもらうためだから…。ガマンしよ−♪)


クレずきんちゃんは怠け者でめんどくさがり。でもお金の事はキッチリしています



そこに狼がやって来てこう言いました。

オオカミ:「クレずきんちゃん、こんにちわ?何しているの?」



クレずきん:「こんにちわ!オオカミさん。おばあちゃんにあげるためのお花を摘もうとしているの」
オオカミ:「優しいね。僕も手伝ってあげよう。」
クレずきん:「ありがとう、オオカミさん!」
(心の声:ラッキー☆ついてる!!)

クレずきんちゃんは人に良く見られたいと思っています。人をうまく使うのがとても上手です




クレずきんちゃんは自分もお花を摘むフリをして、全てオオカミにお花を摘ませました。

上手く人にやっているように見せるのもクレクレちゃんの特徴です

クレずきん:「ごめんね、オオカミさん。助かっちゃった〜」

クレずきんちゃんはすぐに謝りますが、気持ちは全然こもっていません




オオカミ:「とんでもない!ところで僕もおばあちゃんの家まで行ってもいいかい?一緒にお見舞いをしたいんだ。」
クレずきん:「悪いわ、そんなの。お花を摘んでくれただけで十分よ。」
(心の声:そう言って、私を食べるつもりでしょ?!スキを見ていい人ぶったってだまされないんだから!!)

クレずきんちゃんは人を信じません。
おまけに自分がクレクレちゃんなので、他のクレクレちゃんが大嫌いなのです




オオカミ:「そう言わずに…。クレずきんちゃんが途中で何かあったら心配だからさ。」
クレずきん:「う〜ん?わかったわ。一緒に行きましょう。」
(心の声:ここで抵抗したら食べられて終わりかもね。まぁ、いざとなれば猟師が助けてくれるわ。)


自分の身の安全しか考えない、クレずきんちゃん



楽しい続きはまた2話で。
| printakun | クレずきんちゃん | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ご注文のお客様
看板見積り専用
その他サービス・規約
店舗の地図はコチラ
配送致します
おとく情報
お客様の声
免積事項(プライバシー)
当店イチ押し!インクジェット
当店イチ押し!インクジェット
Click!